加齢による小さい病気が多くなってきました

私は若いころから度近眼でした。
そのため、コンタクトレンズを装填しています。これでどうにか0.8くらいは見えました。
しかし遠目はちょっと苦手でしたね。
そこでコンタクトレンズをつけているのを分からないように伊達メガネをかけてごまかしていました。
だから級友や同僚も、このことはほとんど知らないと思います。

しかし、加齢により老眼です。
小さい字が見にくくなりましたね。
これもメガネを取り換えたりして結構面倒です。

その後は、御多分に漏れず加齢による弊害です。
まず一番困ったのはオシッコですね。これが近くなってきました。
またすぐには出ず、出るまでに大分時間がかかります。
そのうえ切れも悪く、飛びもいまいちですね。

そこで近所の泌尿器科に行くようになりました。
いまはいい薬があるからと、膀胱に弾力を持たせるのとか、勢いが出るような薬を処方してもらっています。
これでどうにか2時間は持つようになりました。
そこで、あっちこっちの所のおトイレの場所を把握するようになりました。
これで安心して外出することができます。

後は、慢性胃炎から今では逆流性胃炎になりました。
これはたまに苦い胃液がゲップとしてあがってくることがあります。
この現象は食後に多いですね。これはつらいです。
これも加齢によるものでしょう。
ここでも内科のクリニックに通っています。

次に格好が悪かったのは、体のあっちこっちに黒子ができたことです。
カミさんはガンではないのかと、皮膚科に行ってみてもらって来ればと。

温泉とか日帰り銭湯に行って、裸になるのが恥ずかしかったですね。
お腹から背中まで10数個ありました。

あまり医者には行きたくなかったのですが、一大決心して皮膚科に行きました。
患者さんでかなり混んでいたのにびっくりしました。
皮膚科もこんなに混むのかと。

そこで、液体窒素での黒子の除去です。
パンツ一つになるのが格好悪かったです。

原因は、若い時に紫外線を多く浴びた結果が今になって出てきたのだと。

そういえば、若い時にゴルフによく行っていました。今は日焼けしないように気をつけてゴルフをしていますが、昔はあまり紫外線対策をしませんでしたね。
そのつけが出てきたのでしょう。

医療費も、ちょこちょこと通っているとかなりかかってしまっています。
高額医療費をローンで借りることもできるようですね。
医療ローン※美容整形・レーシックなど高額医療費をローンで借りる

まだまだ仕事は現役ですが、まあ加齢によってあまりいいことはありませんね。

小さい胸も太っている体型もいやだ!

私は中より下の容姿ですから、コンプレックスはたくさんあります。
中でも一番のコンプレックスは胸です。バストがありません。ぺちゃんこです。普段は、とにかく胸があやふやになるような服を選んでいます。胸が強調されるような服なんて着れません。胸の谷間を見せるような感じの服装の人がいますが、そんな人を見ると羨ましくなります。私なんてそんな格好をしたいと思っても、絶対にできるわけがないからです。そんなファッションをして、自分を魅力的にみせられたら、楽しくなるだろうな、などと思います。私はそんなことを考えると、ますます自分に自信がなくなります。

豊胸手術とかしたいと思うけどそんなお金もないし・・・整形をするためのローン(http://xn--hekm0a8034b8lg.com/)もあるみたいなのですが・・・ちょっと考えてしまいますね。。。
次にコンプレックスなのは、太っていることです。私は食べるとすぐに太ってしまいます。これは子どものころからです。
思春期のときは特に嫌でした。それで、ダイエットをしていました。自分が太いというのが許せませんでした。それで、食べるのをどんどん控えるようになっていきました。そのうちに気づくと、拒食症になっていました。食べるという行為が怖くなっていました。自分がガリガリに痩せていて、両親を心配させていても、真冬の学校でのマラソン大会が体力的に危ない状況になっていても、私は気づくことができませんでした。
それぐらい、太ること=食べることに恐怖を感じていたのです。
今では食べるのが大好きです。ストレス発散によく食べています。それで、また太ってしまいました。太っているのは嫌ですが、だからといって、他のことを我慢しておかしくなるくらいなら、今のままでいい、と思います。今はダイエットもほどほどにしています。
でも、太っていなくて、胸も普通にあったら、自分に自信が持てるだろうな、と思います。今よりもっとおしゃれを楽しみたくなりそうです。もっと自分が変われるかもしれません。コンプレックスがなくなったらいいな、と思います。

 

ゴルフができる環境になってほしい

わたしが今、もっともほしいものは「ゴルフができる環境」です。これだけだと抽象的にきこえますので具体的に説明したいと思います。

もともとわたしは兵庫県在住で近隣に車で1時間以内にゴルフ場がうなるほどたくさんあり、練習場も1球当たり8円、打ち放題1500円といった立地でした。さらに平日が休みということもあり、多いときは毎週ラウンドしていたほどです。

ひどいときは早朝、打ち放題で練習した後、1.5ラウンドをこなすというハードスケジュールをこなしたこともあります。とにかくゴルフを趣味にする人間にとってはこれ以上ない環境でした。

ところが半年前、移動の辞令が出て、東京に転勤になったのです。単身赴任でお金がかかるようになり、車も家族に残してきました。

ゴルフの練習場は近くにあるのですが50ヤードで1球あたり14円かかるという過去では考えられないレートの高さです。

また、平日が休みではなく土日が休みのため、知り合いとゴルフに行くにも時間がかかること、交通費が高いこと、何よりもプレイフィーが高いこともあって、なかなかゴルフができる環境にありません。

さすがに、ゴルフに行きたいからと只でさえ少ない小遣いを使う訳にはいきませんからね。即日中に融資出来るカードローン業者もあるんですが、返済の事を考えると借りたくても借りれません。

ということでわたしが今もっともほしいものは「ゴルフができる環境」ということになるわけです。幸いなことに会社の補助で毎月1回は兵庫県に帰任する手当がありますのでそのタイミングでゴルフをプレイする仲間を見つけプレイするようにしています。

たしかにゴルフが思う存分できる環境にはありませんが部屋で素振りをしたり、筋力トレーニングをしたり、テレビでプロの技を見たりと今の環境でもゴルフをいかに楽しむかということを必死で考えています。

そして、またゴルフが思う存分できる環境になることを待つわけです。

金がない!!

まさに今、お金がなくて困っています。いけないとは思いつつ、1万円のキャッシングをしてしまったところです。

もともと、契約社員でレギュラーで働いているのですが、時給なのです。 そのため、出勤日数の少ない月、特に大型連休があると、収入は簡単に数万円減ります。

普段から、食費などは節制しているのですが、付き合いでのお酒の席や、自身のバンド活動などが原因です。 昨年から、楽器の修理費用、体調不良による収入減と、治療費、さらには財布を落としてしまうなどという不運が続き、貯金も完全に底をついている状態です。

その状態で、バンド活動による出費、打ち上げの席での飲み代などが重なり、なんと給料2週間前にして、お金が底をついてしまいました。

なんとか、地道に行っているお小遣い稼ぎの副業で、数千円の収入を得る事ができ、先日の1万円のキャッシングと合わせれば、ギリギリ給料日を迎えられそうですが、今後が心配です。

蓄えもなければ、再び貯金が始められるほどの収入の見込みもありませんから、いつ完全におちぶれてしまうのか、不安でなりません。 何か、仕事やバンド活動の合間に少しでも収入を得る方法を模索していかなくてはなりません。

バンドを辞めたら今よりも確実に出費が減るのは分かっているのですが、若いころからずっと仲間とやってきていて、それが生きがいというか自分の頑張れる場所だったりもしているのでどうしてもバンドを辞めるっていうことができないんです((+_+))

ひとつの曲を作り上げて、それが完成した時の達成感や仲間との絆っていうが本当に自分にとっては大きなことなんですよね・・・なので、バンドを続けて行くためにも、必死に働いて、少しでも貯金ができるようにしていきたいです!!

 

こういう状態だと、心にも余裕がなくて、毎日そわそわしがちなので(>_<)

今年こそはスペインに行きます!!

僕は学生時代ココぞとばかりに毎日毎晩バイトと遊びばかりしていました。こんなに自由にお金が使えて、しかも時間もそれほどまで拘束されなくて!!ってなるとついつい友人たちと遊んでしまっていました。ギャンブルとかには一切手はだしていません。その代わり、洋服には結構なお金を使っていましたね。仕送りとバイト代で生活と遊びをしていたのですが、それを超える額の買い物なんかをしていた時期があり、生活ができなくなって、学生でも借りれるキャッシング会社でお金を借りることもありました・・・

その時の返済も今では終わり、貯金も少しですができているので今年こそはスペインに行こうと思っています。

 
スペインのなかでも行きたい都市はバルセロナです。というのもガウディの有名な建築群を見たいからです。今もなお建築作業が続くサグラダファミリアは中学の時に社会の資料集で見たときから、この目で見てみたいと思っていました。また、世界遺産にも登録されているグエル公園やカサミラなど、ガウディによる有名な建物がほかにもたくさんあるので、是非見てみたいと思います。
また、スペインに行きたいもう一つの理由は本場のスペイン料理を食べてみたいと思っているからです。最近、スペイン風居酒屋のバルのお店が日本でも流行っていますが、スペイン料理は日本人に馴染みのある味付けで本当に美味しいと思っています。(日本人向けにしているのかもしれませんが。)本場のタパスやパエリアはもっと美味しいだろうなと想像してしまいます。また、ピンチョスと呼ばれるおつまみ系の料理を出すバルにも是非行ってみたいと思っています。
スペインは日本からだとヨーロッパの中でも遠い国で行くまでが大変ですが、スペインに行ったことのある友人の話を聞くとみんな口をそろえて「行って良かったよ」「食事が美味しかったよ」と絶賛しています。私も今年こそは念願であるスペインに行ってきます!楽しみです!

一人暮らしを始めて困ったこと

わたしは今年から一人暮らしを始めました。

今まで実家暮らしだったものの料理や掃除も好きでしたし、仕事も今の会社に勤めて長いので経済的に心配もなく生活できると思っていました。

ですが、実際一人暮らしを始めてみるといろいろ困ることが出てきます。 ある程度想定をしていたものの始めの出費は大きかったです。

家賃、敷金礼金、家電一式、日用雑貨など予想以上の出費額になりました。

中でも以外にかかったのが日用雑貨です。細かいもので1つの金額はそこまで大きくはないものの1から揃えると大きな金額に。

結局、当初予定していた金額よりも大幅のオーバーしてしまい、貯金額もすべて無くなってしまいました(*_*)

それどころか、まだ足りないぐらいで。。。結果、金融機関でお金を借りるハメに(*_*)

ちょっと一人暮らしを甘く見ていましたね。

さらに、生活をしていく中で困っているのは洗濯物です。私の仕事は10時から19時まで朝干して出かけると取り込むのは夜になってしまいます。

また、山に近いところにアパートが建っているため天気が変わりやすく夕立があることも。せっかくお昼は晴れていても夕立で取り込むころには湿っているということが何回かあります。

部屋干しも考えましたが生乾き特有のにおいが苦手なのでできれば外に干したいのです。

一人暮らしなので毎日は洗濯機を回しませんがタオルや着替えの枚数を増やしもし洗濯をしたときに夕立でだめになったしまっても代えがあるように心がけています。

この代えの着替えやタオルの費用も想定外の出費になりました。

一人暮らしを始めたら、誰にも気を遣わなくて済むし、自由な時間が増えていいな、、、って思っていたんですが、それ以上に不便な事が多くて困ってます。

こんな事なら無理に独り暮らしなんてするんじゃなかった・・・って感じですね。

プロに教わる

ゴルフを初めて1年経つんですが、一向に上手くなりません。

練習に行っても、10球に3球いい当たりが出たらいい方。

他はダフったりトップしたりと散々です。

このまま続けても上手くなりそうな気がしないので、レッスンに行こうかと考えています。

やっぱりプロに教えてもらうのが1番の近道ですもんね。

どうにか100は切れるようになりたいですね。